Bandsintown
get app
Sign Up
Log In
Sign Up
Log In

Industry
ArtistsEvent Pros
HelpPrivacyTerms
Alicia Saldenha Tickets, Tour Dates and %{concertOrShowText}
Alicia Saldenha Tickets, Tour Dates and %{concertOrShowText}

Alicia SaldenhaVerified

164 Followers
Never miss another Alicia Saldenha concert. Get alerts about tour announcements, concert tickets, and shows near you with a free Bandsintown account.
Follow

About Alicia Saldenha

Alicia Saldenha's unique sound can be described as funky soul with a twist of island sugar cane. A national of the Caribbean Republic of Trinidad and Tobago, she resides in Japan where she is a rising star in the independent soul music scene. In an environment notoriously difficult for "foreign artists" unsigned to major labels, Saldenha (pronounced sal-day-nya) is breaking down barriers between races, cultures and languages and is performing with top Japanese and international artists.

In addition to being a vocalist and composer, Alicia Saldenha's resumé includes a long list of experiences - as actress, dancer, scholar and university lecturer, having received a PhD from Kobe University, Japan in Culture and Civilization Studies.

Alicia Saldenha released her debut solo album of her original songs, "Dance with the Sun," which she co-produced and which was recorded live in the studio in New York City, in June 2012. Not one to shy away from a challenge, Saldenha funded and released the album herself under her label, Jem Adar Music. It is produced by Andrew Felluss of Radian Records. The first single, "Ooh Boy," has been released online, along with a music video by feature-film director, Zak Baney.

Alicia Saldenha is also the featured vocalist on the indigo jam unit album, "Rose," released on September 2nd, 2011 by Basis Records. A successful CD release tour of Japan featured sold-out performances at Billboard Live Osaka. The album spent several weeks in the Billboard Japan Top 100 Chart for Independent Albums. Before this she also performed with the legendary Paul Jackson of Herbie Hancock and the Headhunters.

A humanitarian as well, Alicia Saldenha founded Freedom Fest Japan in 2013 in order to pay tribute to the late Nelson Mandela, former President of South Africa, freedom fighter and human rights activist. The festival comprised a string of events held in Kansai, from art exhibitions to live music concerts, all based on the themes of “Peace,” “Freedom” and “Social Justice.”

**********

アリシア・サルデイニャはカリブ海に浮かぶトリニダード・トバゴ共和国、トリニダード島に生まれた。幼い頃から歌やダンスに親しむようになり、高校を卒業するとカリブ諸国やアメリカのミュージカルのツアーへも参加するようになった。やがてカリブ諸国のテレビや映画など活動の場を広げたが、言語を学ぶためその後イギリスへ渡る。イギリスでも大好きな音楽を続けるなかBBCナショナル・コーラス・オブ・ウェールズ(BBC National Chorus of Wales)と共演を果たした。

ここで彼女にとって大きな転機が訪れる。ヨーロッパに渡ってすぐにジャズの虜になり、彼女の音楽性は一変。以降、イタリアのウンブリア・ジャズフェスティバルをはじめ、フランスのニース・ジャズフェスティバル、大阪のブルーノートなど、ヨーロッパや日本の各地でジャズに傾倒した演奏活動を行うようになる。ニース・ジャズフェスティバルではジョージ・クリントン(George Clinton)率いるPファンク(P-Funk)と共演、さらに伝説のジャズ・スティールドラム奏者、オセロ・モリノー(Othello Molineaux)の2005年と2007年日本ツアーにも招かれた。

現在は大学に通うため、日本に在住している。大手レーベルと契約してない“外国人アーティスト”にとって決して恵まれた環境とはいえないだろう。それでも彼女は今まさに、人種、文化、言語の壁を越えて、大阪の女性ナンバーワンボーカルへとめざましく成長しつつあるのだ。

彼女はソウルのシンガーソングライター、バンドリーダーとして、クラッシックソウル、ジャズ、ファンク、レゲーのほか、オリジナル曲も日本各地で演奏している。彼女のショーは躍動感とエネルギーに満ちあふれる。バンドメンバーは、平岡孝賀(Drums)、jaz’pressoの荻野哲史(Bass)、村治進(Steelpan)、indigo jam unitの笹井BJ克彦(Bass)、遠藤真理子(Sax)、中島岳(Guitar)、jaz’pressoの増田みずほ(Keys)、Zardの大楠雄蔵(Keys)ら、関西トップクラスのミュージシャンだ。

さらに、国際的ミュージシャンのボビー・リケッツ(Bobby Ricketts・デンマーク)、エズラ・ブラウン(Ezra Brown・アメリカ)、黒田卓也(アメリカ)の来日中に、自身のバンドに招いて頻繁に共演。最近は日本のベイシスレコード契約アーティストnu jazz bandやindigo jam unit、そして伝説的ファンクベーシストでヘッドハンターズ(the Headhunters)の結成メンバーであるポール・ジャクソン(Paul Jackson)ら、日本および世界の一流アーティストとも共演するなど、彼女の活動はさらに広がっている。

2011年9月発売のCD『Rose』はニュージャズグループ、indigo jam unitの1970年代のレアなカバー曲集でアリシアが全曲を歌っている。インディーズアルバムとしてビルボードジャパンのTop 100に7週連続でランクイン、Top50入りもはたす。また、Tokyo Jazz Notes Album 2011にも選ばれている。完売のビルボードライブ大阪を含む国内ツアーは、アリシアにとって大きな経験になり、また多くの人に知られることにもなった。これ以前にも、アリシアは伝説のベーシスト、のオリジナルメンバー、ポール・ジャクソンとも日本で共演している。

アリシア・サルデーニャはこれらまたとないチャンスを生かし、ボーカリストしてのみならず、作曲家、共同プロヂューサー、マネージャーとしての才能を披露している。アリシアは大変な苦労をして調達した資金でレーベルJem Adar Musicから『Dance with the Sun』を発売。しかし実はこれはアリシアが手がける数々のプロジェクトのほんの1つでしかない。最初は大学で勉強するために来日し、音楽教育の博士号、文化および文明研究でPhDを取得。アリシアは2002年3月に三重大学音楽教育修士号、2006年には神戸大学総合人間科学の博士号を取得した。また、彼女は姫路獨協大学で教鞭もとっている。大学に通いながらアリシアは100曲以上の多様なスタイルの作曲を行ってきた。近日中にはジャズアルバム、さらにソウル、ファンクのリリースを計画中。

自身作曲の作品を携えたデビューアルバム『Dance with the Sun』は2012年6月13日にリリースし、CD発売記念ライブは5月12日に大阪心斎橋Janusで行われた。ツアーメンバーはキーボード大楠雄蔵(ZARD、倉木麻衣)、ギターDaioh(Cheryl Lynne)、ベース荻野哲史(Jaz’presso)、ドラム平岡タカノリ(坂詰美紗子, MYE)、そしてサックスは堂地誠人(A Hundred Birds)。このアルバムはニューヨークで現地のトップミュージシャン達とレコーディングしました。

人道として、アリシア・サルデーニャはフリーダム・フェスト・ジャパンを設立した。フリーダム・フェスト・ジャパンは南アフリカ共和国元大統領ネルソン・マンデラ氏にインスパイアされ、捧げられるものである。自由、 平和、社会正義をテーマとする一連のイベントを様々な会場で行います。
Show More
Genres:
Hip Hop, Jazz, Soul, Soul Jazz, Calypso, Electronic, Funky Soul, Reggae, Soca, Funk
Band Members:
Soul Singer-Songwriter, Daioh (Guitar), Emi Goto (Keys), Takanori Hiraoka (Drums), Fumihiko Nakamura (Guitar), Mitsutoshi Kadoya (Bass), Tetsushi Ogino (Bass), Alicia Saldenha
Hometown:
Trinidad and Tobago

No upcoming shows
Send a request to Alicia Saldenha to play in your city
Request a Show

About Alicia Saldenha

Alicia Saldenha's unique sound can be described as funky soul with a twist of island sugar cane. A national of the Caribbean Republic of Trinidad and Tobago, she resides in Japan where she is a rising star in the independent soul music scene. In an environment notoriously difficult for "foreign artists" unsigned to major labels, Saldenha (pronounced sal-day-nya) is breaking down barriers between races, cultures and languages and is performing with top Japanese and international artists.

In addition to being a vocalist and composer, Alicia Saldenha's resumé includes a long list of experiences - as actress, dancer, scholar and university lecturer, having received a PhD from Kobe University, Japan in Culture and Civilization Studies.

Alicia Saldenha released her debut solo album of her original songs, "Dance with the Sun," which she co-produced and which was recorded live in the studio in New York City, in June 2012. Not one to shy away from a challenge, Saldenha funded and released the album herself under her label, Jem Adar Music. It is produced by Andrew Felluss of Radian Records. The first single, "Ooh Boy," has been released online, along with a music video by feature-film director, Zak Baney.

Alicia Saldenha is also the featured vocalist on the indigo jam unit album, "Rose," released on September 2nd, 2011 by Basis Records. A successful CD release tour of Japan featured sold-out performances at Billboard Live Osaka. The album spent several weeks in the Billboard Japan Top 100 Chart for Independent Albums. Before this she also performed with the legendary Paul Jackson of Herbie Hancock and the Headhunters.

A humanitarian as well, Alicia Saldenha founded Freedom Fest Japan in 2013 in order to pay tribute to the late Nelson Mandela, former President of South Africa, freedom fighter and human rights activist. The festival comprised a string of events held in Kansai, from art exhibitions to live music concerts, all based on the themes of “Peace,” “Freedom” and “Social Justice.”

**********

アリシア・サルデイニャはカリブ海に浮かぶトリニダード・トバゴ共和国、トリニダード島に生まれた。幼い頃から歌やダンスに親しむようになり、高校を卒業するとカリブ諸国やアメリカのミュージカルのツアーへも参加するようになった。やがてカリブ諸国のテレビや映画など活動の場を広げたが、言語を学ぶためその後イギリスへ渡る。イギリスでも大好きな音楽を続けるなかBBCナショナル・コーラス・オブ・ウェールズ(BBC National Chorus of Wales)と共演を果たした。

ここで彼女にとって大きな転機が訪れる。ヨーロッパに渡ってすぐにジャズの虜になり、彼女の音楽性は一変。以降、イタリアのウンブリア・ジャズフェスティバルをはじめ、フランスのニース・ジャズフェスティバル、大阪のブルーノートなど、ヨーロッパや日本の各地でジャズに傾倒した演奏活動を行うようになる。ニース・ジャズフェスティバルではジョージ・クリントン(George Clinton)率いるPファンク(P-Funk)と共演、さらに伝説のジャズ・スティールドラム奏者、オセロ・モリノー(Othello Molineaux)の2005年と2007年日本ツアーにも招かれた。

現在は大学に通うため、日本に在住している。大手レーベルと契約してない“外国人アーティスト”にとって決して恵まれた環境とはいえないだろう。それでも彼女は今まさに、人種、文化、言語の壁を越えて、大阪の女性ナンバーワンボーカルへとめざましく成長しつつあるのだ。

彼女はソウルのシンガーソングライター、バンドリーダーとして、クラッシックソウル、ジャズ、ファンク、レゲーのほか、オリジナル曲も日本各地で演奏している。彼女のショーは躍動感とエネルギーに満ちあふれる。バンドメンバーは、平岡孝賀(Drums)、jaz’pressoの荻野哲史(Bass)、村治進(Steelpan)、indigo jam unitの笹井BJ克彦(Bass)、遠藤真理子(Sax)、中島岳(Guitar)、jaz’pressoの増田みずほ(Keys)、Zardの大楠雄蔵(Keys)ら、関西トップクラスのミュージシャンだ。

さらに、国際的ミュージシャンのボビー・リケッツ(Bobby Ricketts・デンマーク)、エズラ・ブラウン(Ezra Brown・アメリカ)、黒田卓也(アメリカ)の来日中に、自身のバンドに招いて頻繁に共演。最近は日本のベイシスレコード契約アーティストnu jazz bandやindigo jam unit、そして伝説的ファンクベーシストでヘッドハンターズ(the Headhunters)の結成メンバーであるポール・ジャクソン(Paul Jackson)ら、日本および世界の一流アーティストとも共演するなど、彼女の活動はさらに広がっている。

2011年9月発売のCD『Rose』はニュージャズグループ、indigo jam unitの1970年代のレアなカバー曲集でアリシアが全曲を歌っている。インディーズアルバムとしてビルボードジャパンのTop 100に7週連続でランクイン、Top50入りもはたす。また、Tokyo Jazz Notes Album 2011にも選ばれている。完売のビルボードライブ大阪を含む国内ツアーは、アリシアにとって大きな経験になり、また多くの人に知られることにもなった。これ以前にも、アリシアは伝説のベーシスト、のオリジナルメンバー、ポール・ジャクソンとも日本で共演している。

アリシア・サルデーニャはこれらまたとないチャンスを生かし、ボーカリストしてのみならず、作曲家、共同プロヂューサー、マネージャーとしての才能を披露している。アリシアは大変な苦労をして調達した資金でレーベルJem Adar Musicから『Dance with the Sun』を発売。しかし実はこれはアリシアが手がける数々のプロジェクトのほんの1つでしかない。最初は大学で勉強するために来日し、音楽教育の博士号、文化および文明研究でPhDを取得。アリシアは2002年3月に三重大学音楽教育修士号、2006年には神戸大学総合人間科学の博士号を取得した。また、彼女は姫路獨協大学で教鞭もとっている。大学に通いながらアリシアは100曲以上の多様なスタイルの作曲を行ってきた。近日中にはジャズアルバム、さらにソウル、ファンクのリリースを計画中。

自身作曲の作品を携えたデビューアルバム『Dance with the Sun』は2012年6月13日にリリースし、CD発売記念ライブは5月12日に大阪心斎橋Janusで行われた。ツアーメンバーはキーボード大楠雄蔵(ZARD、倉木麻衣)、ギターDaioh(Cheryl Lynne)、ベース荻野哲史(Jaz’presso)、ドラム平岡タカノリ(坂詰美紗子, MYE)、そしてサックスは堂地誠人(A Hundred Birds)。このアルバムはニューヨークで現地のトップミュージシャン達とレコーディングしました。

人道として、アリシア・サルデーニャはフリーダム・フェスト・ジャパンを設立した。フリーダム・フェスト・ジャパンは南アフリカ共和国元大統領ネルソン・マンデラ氏にインスパイアされ、捧げられるものである。自由、 平和、社会正義をテーマとする一連のイベントを様々な会場で行います。
Show More
Genres:
Hip Hop, Jazz, Soul, Soul Jazz, Calypso, Electronic, Funky Soul, Reggae, Soca, Funk
Band Members:
Soul Singer-Songwriter, Daioh (Guitar), Emi Goto (Keys), Takanori Hiraoka (Drums), Fumihiko Nakamura (Guitar), Mitsutoshi Kadoya (Bass), Tetsushi Ogino (Bass), Alicia Saldenha
Hometown:
Trinidad and Tobago

Get the full experience with the Bandsintown app.
arrow